top of page

新学期の心の不調を整える『アロマ2』

こんにちは。


日本アロマコーディネーター協会

トップインストラクターの

かやはらけいこです。

前回に引き続き

アロマセラピーで

新学期の心の不調を整える方法を

ご紹介いたします。


今回のオススメの香りは

『カモミール・ローマン』です。



リラックス効果があるということで

ラベンダーと並んで

アロマセラピーでは代表的な香りです。

心を落ち着かせる働きがあるので

新学期のように

緊張や不安を感じている時や

眠れない時にオススメです。


なぜこのような効果があるのかというと

カモミール・ローマンの

香りの成分の中には

『エステル類』という

成分があります。

この成分には

心を鎮める鎮静作用と

神経のバランスを

回復させる作用があります。


このような香りの成分の働きから

リラックスしたい時や

優しいい自分を取り戻したい時に

オススメの香りです。


また

カモミール・ローマンは

ほふく性の植物で

地面をはうように伸びる

性質があることから

踏みつけられても

負けないで育つ植物

として知られています。


このような

カモミール・ローマンの姿から

花言葉は

『逆境に負けない強さ』です。


この花の性質と

香りの働きが重なって

緊張、恐怖、不安などの

情緒不安定な心の状態を

助けてくれます。

カモミール・ローマンの精油は

お花が原材料ですが

りんごを思い出させるような

甘く優しい香りがします。

刺激が少ないので

お子さまにも安心して

お使いいただけます。


使い方は

ディフューザーやライトなど

芳香機を使って

香りを拡散します。


芳香機が無い場合は

マグカップに熱湯を入れ

その中に数滴垂らして

湯気と一緒に広がる香りを

お楽しみください。


食塩(大さじ1)に

2~3滴混ぜて

バスソルトとして

お風呂に入れても良いです。

バスタイムが

素敵なリラックスタイムになり

安眠につながりますよ。

なかなか眠れない時は

ティッシュペーパーに

1滴垂らして

枕元に置いて眠るのも

オススメです。


寝ている間も

香りの成分が呼吸から入り

脳を刺激して

安らかな睡眠を促してくれます。


新学期がスタートして

お子さまが不安を抱えたり

疲れを感じているような時は

カモミール・ローマンの香りを

使ってみてください。


閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page