top of page

子どもの足の形成と靴選び

こんにちは。

 

チャイルドケアコーチングマスターの

かやはらけいこです。


2学期が始まり

子ども達の口から

『運動会』という言葉が聞こえてきます。

いろいろな競技がある中で

やはり子ども達の話題の中心は

徒競走です。

今日は

子どもの足の形成と靴選びについて

ご紹介させさせていただきます。



赤ちゃんの足の骨はとても柔らかく

成長とともに硬くなっていきます。


足の骨がきちんと骨化するのは

4歳を過ぎる頃で

最終的に足の骨が完成するのは

18歳頃と言われています。


足を完成させるには長い月日がかかり

足の土台の形成がきちんとしていなければ

その後の長い人生を

トラブルを抱えて生活することになります。

つまり

乳幼児期の足の形成には

注意が必要になります。

足の裏には3つのアーチがあり

重い体重を分散し

足に負担をかけないようになっています。

アーチのクッションがあることで

疲れにくくなっています。


《足の3つのアーチ》

①親指の付け根からかかとを結ぶ

内側の縦のアーチ

②小指の付け根からかかとを結ぶ

外側の縦のアーチ

③親指と小指の付け根を結ぶ

横のアーチ


赤ちゃんの足は

脂肪に覆われているので

この足のアーチはありません。

発達とともにアーチができます。


ハイハイから歩き始め

動きが活発になる3~4歳頃から

アーチの形状ができ始め

運動機能がほぼできる6~7歳頃には

大人と同じようなアーチが出来てきます。

つまり

この時期までに

たくさん歩いて足の裏を鍛えて

アーチを作ることが大切です。


また

足の形成を補うためにも

この時期の靴選びは

慎重にする必要があります。


靴を購入する際は

以下の6つのチェックポイントに

気をつけてみてください。


《子どもの靴選びのポイント》

①つま先の曲がる位置

(前から3分の1)で

柔らかく曲がること


②つま先が

地面から少し上がっていること

③つま先は広く高さがあり

余裕があること

④かかとをしっかり支えること


⑤靴底に適度な弾力があること

⑥甲の部分は

紐・ゴム・マジックベルトで

微調整できること


いかがでしょうか?

今お履きの靴は

お子さまの足に合っていますか?

お子さまの成長を見守る方法の一つとして

ご参考にしていただければ嬉しいです。

閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page